クレストールはコレステロールや中性脂肪を下げる薬です。※副作用は筋肉痛・痩せるなど

メニュー
LINEで送る

クレストールはコレステロールや中性脂肪を下げる薬です。※副作用は筋肉痛・痩せるなど

クレストール

会社のオヤジが飲んでいる中性脂肪を下げるお薬を紹介しよう。

 

このオヤジは、特段薬を飲むほど中性脂肪やコレステロールは、高くはない。中性脂肪で言えば500代である。この程度なら、食事を改善すれば済むことなのである。

 

だが、このオヤジは、事もあろうに楽がしたい一心でお医者に頼み込み、薬を処方してもらったのである。普通そこまでするかぁ。

 

クレストールと言うお薬だ

クレストールという。高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の薬である。お医者に行って処方箋が必要なお薬だな。

 

有効成分は、ロスバスタチンであり、HMG-CoA還元酵素阻害薬である。

 

リピートルと同じスタチン系薬剤である。

どっちも似たようなもんか?クレストールの方が新しいお薬である。塩野義製薬が開発したのだ。

 

クレストール

 

ロスバスタチンとは?

コレステロール生合成系の律速酵素で、コレステロールの合成を抑えたり、排泄を促進する阻害しする。

 

クレストールの副作用は?
  • 筋肉痛や痩せる事である。

会社のオヤジは、腹が凹んだと言っている。太鼓腹が少し凹んだくらいでは、見た目は大した変わらないけどな。気のせいではないのか?

 

と、言ってやったら、「そんな事無い!体重だって減ったんだぞ!」とほざいいていた。なんか勘違いしてないか?それは、副作用だろう!

 

なんと、この薬を飲み出してから5kgも痩せたというのだ!
それも数週間で痩せたというのである。

 

普通、このオヤジの年齢で5kg痩せるなど、なかなか出来るものではない。数ヶ月は節制を継続しないと出来ない技である。

 

それも、何もせんで5kgも痩せるとは・・。薬の力は、恐るべしだな。

 

痩せる理由

コレステロールや中性脂肪は、エネルギーの元だからな。それが薬で脂肪になる前に血液中のコレステロールが少なくなるのだ。

 

そりゃあ、痩せるだろう。当たり前のことである。いくら食べても太らないだろうな。

 

もともと腹が出ているので、見た目にはわからんのが悲しいけどな。言われてみれば、腹回りが凹んだように見える。

 

どうせの事ならダイエット薬として売り出せばいいのに。かなりというか、物凄く儲かるのではないのか?

 

薬事法でそんな売り方は、出来ないのであろう。

 

痩せる薬!なんて言うと夢のようだが、医療の薬では、痩せる効果がある薬というか副作用だけれども、いくらでもあるのだな。

 

痩せるというのは、体にとっては、良くないことなのである。ちょっと前、と言っても50年くらい前なら、日本には今ほどに太った人もいなかったしな。

 

クレストール

 

副作用などと言うと良いものではないのだが、この副作用は喜ばしいな。
筋肉痛などは、気がつかないという事である。

 

クレストールのジェネリック薬

クレストールにもジェネリック医薬品があり、ロスマック(Rosumac)というお薬になる。成分は同じで、効果も変わらん!

 

効果は、お薬なので中性脂肪とコレステロール値が下がったそうだ。そんな事は当たり前である。楽をしおって!

 

クレストールを飲んで1ヶ月後
  • 中性脂肪値500=380mg/dl
  • 総コレステロール値(TC)460が= 360mg/dl

と順調に数値が下がったという事である。ふん!そんなもん、当たり前だ。楽をしおって!(2回目)

 

全く、努力もせんで、薬でなんとかしようとする根性が気にいらんなぁ!

 

クレストールのジャネリックは、こんな薬だ。

 

[クレストールジェネリック]ロスマック(Rosumac)5mg

 

とりあえず、紹介しておくぞぃ。
用法や口コミは、販売サイトにお任せする。

 

この薬、リピートルと比べると、かなり高い。薬価も121.3円である。ちなみにリピートルは、98.6円である。
同じ中性脂肪・コレステロールを下がる薬なにのこうも違うとはな!

 

 

 


クレストール

人の都合によるサプリのランキングである。ワシがおすすめの3つに絞ったぞぃ!
選び方は人それぞれだからな!金額を気にしない人やワシのように少ない小遣いの中から絞り出すような人とかな!