MENU
  LINEで送る

オヤジの更年期障害

奥さんの更年期障害

男性には、これといった症状は出ない。というか聞かないだけかもしれん。
私の場合は、特に目立つ事は無い。
あっても「もう年だからな!」で済ましてしまう。その程度だ。

50歳といえば、昔ならもう初老の年齢だ。
初老!と言われるといい気はしないぞ。

この年齢で思い浮かぶのが磯野波平である。54歳の設定だという。

奥さんの更年期障害

ガーン!波平さんと大した変わらんではないか!エライじいさんになったもんだな。
会話の所々に「左様!」という言葉を使いこなさねばイカン。
どうりで最近オヤジぷりがよくなったと思っていたがな。

なんて、先日友人と話していたら思い出した!41歳の時も同じことを言っていたのだ。
41歳!元祖天才バカボンのパパが41歳なのだ。

奥さんの更年期障害

その時も、子供の頃から見ていたバカボンパパと同じ年齢になろうとは・・。ショックを受けたものだ。

男の更年期とは?
男の更年期は、鬱という事だ。
鬱!そう言われれば昔より何事も前向きではなくなったような気がするな。
我が社でも、高齢になり会社に出て来ない(来れない。)オヤジ達がいる。

奥さんの更年期障害

一言で更年期。というだけではなく、いろいろなきっかけや理由はあるけれどな。

とにかく言える事は、この年になると子供たちも大きくなり成人したり就職したり結婚したりとオヤジの肩の荷が下りる。
私など私のお役目の80%は終わったのではないか。と思うようになっている。
未来も大体予想できてしまう。つまらんなサラリーマンなんて。と思う時期だな。
そこに来てホルモンの分泌量が少なくなっている。
こりゃ鬱にもなり易い年齢だな。

私の場合は「世の中やいろんな事の分別がある程度わかり、これからが人生の重要な時期ではないのか!」などと思っている。というか思い込んでいる。
と勢いはいいのだが、やる気が出んな。しかし、奮い立たせて過ごしている。

脳からやる気ホルモンが出ないという事は、無理をしてはいけない時期なのかもしれん。
それが、自然なのかもな。と思い始めている。

話をもどすが、鬱が多いのも事実だな。

もし、そんな人事で悩んでいる人がいれば言ってやりたい。
「言わないだけで、みんな一緒なのだ。」とな。