MENU
  LINEで送る

ある日突然、顔半分が動かなくなった!顔面神経麻痺?

奥さんの更年期障害

会社の女性が急にお休みをした。しばらく来れないという。
どうしたのだ?元気のいいおばさんである。

3週間後、ようやく出社したのであった。
その時にいろいろ聞かされてしまったのだ。

「聞いてよ聞いてよ!エハラさん。」いつもの調子である。
「聞いておる!どうしたのだ、こんな長い間、休みをしてからに、子供でも出来たのか!( ̄ー ̄)ニヤリ」
「馬鹿言ってんじゃないわよ。そんなはずないでしょ!」
「今でも顔半分変じゃない?笑うと変なのよ。感覚がないというか・・。」
「ほう、まだダメなのか。そりゃ難儀だな。確かに顔半分なんか変だな!他人のようだ。あまり表情を変えんほうがいいぞ!」

まるでマジンガーZの阿修羅男爵である。
まさか、そんなことは気の毒で口が裂けても言わん!思っただけである。

奥さんの更年期障害

という事で渋々、長話を聞いたのであった。

朝起きて、なんか変だな・・。と思って鏡を見たら顔半分が無表情。アレ〜!
水を飲んでも口からダラ〜とこぼれるし。

マッサージをしたんだけど、全然効果など無くてね。
こんな事で仕事に行く訳にもいかず。体調不良で会社にお休みの連絡を入れたのよ。

「このまま戻らなかったらどうしよう!」
慌ててお医者に行ったのよ。

お医者いわく
「何かストレスでも?変わったことはありませんでしたか?」
「特になにもありません。急に顔が重くなって・・。」

いろいろ精密検査をしたのだけれども何も異常ないしね。

しかし、ホルモンの分泌量が少ない!ということが分かったんだけど。
これって、更年期?

更年期で顔面神経麻痺になる?
お医者が言うには。
「更年期になると、卵巣機能が衰えて、卵巣ホルモン(エストロゲン)の分泌が誰しも減少し、ホルモン系のバランスがが乱れる。これが更年期障害の原因です。
しかし、それだけではすまず、視床下部の自律神経中枢にも影響を及ぼして自律神経も乱れてくるのです。」

自律神経の不調から顔面神経麻痺が発症するということである。
この女性もなんとか良くはなったのだが、完全に元に戻るまで半年以上の期間を費やしたのである。