LINEで送る

サプリメントの成分表示とDHA&EPAの含有量

よくサプリや食品のパッケージに書いてある成分表示。

 

昨今、食品の偽装やなんとか細胞やゴーストライターなどで世間をにぎわしている。そんな世の中でこの成分表示は正しいのか?そんな疑問が湧いてきたぞ。

 

そこで調べてみた。

サプリや食品はJAS法に基づく食品表示法に基づく表示によって明記されている。かなり大雑把の表示のことである。
名称や原産地などJAS法だ。

 

熱量(カロリー) たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウムなどは厚生労働省:健康増進法
それ以外にも栄養機能食品
ミネラル類 カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄
ビタミン類 ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸
を明記しなくてはいけないのだ。

 

上記に無いDHA100mgやEPA100mgなどのグラム表示は、別に明記しなくてもよいのである。これは問題だ!

 

ということは自主的にメーカーが表示していることになる。一番重要な項目だ。インチキの多い今の世の中、そのくらい書かないでどうするのだ!

 

だいたいのサプリは明記してあるけどな。たまに何も書いてないサプリがあるがそういうことだったのだな。

 

しかし、調べるとそういうサプリに限って、食品加工業者がおまけにサプリを作っている事が多い。

 

そんなことをしているから健康食品の信用が落ちるのである。自社製品のサプリが1種類しかないようなメーカーは、話にならんな。

 

代表的サプリのDHA&EPAの含有量

イマーク
  • DHA:240mg
  • EPA:600mg
サントリーのDHA&EPA
  • DHA:300mg
  • EPA:100mg
きなり
  • DHA:520mg
  • EPA:260mg

 

イマークは割合がEPAのほうが多い。
きなりはDHAばかりが目立つ。

 

DHAとEPAをもう一度確認した。

EPAのほうが血液サラサラ効果が高いのである。

 

となると、イマークが一番この中では効果的ということになる。
DHAもその効果はあるが、記憶などの脳的な要素が高い。

 

きなりはEPAは少ないのだがナットウキナーゼが配合されている。

 

これは血液サラサラ酵素である。ナットウキナーゼ協会まであるというのも驚きだ。
そんなことで補っているのかもしれない。

 

と、能書きばかりになってしまったので実際にきなりを購入することにした。実際に現物を見ないと気が済まないたちなのである。

 

追加

きなりの購入はやめたぞ。他に良いサプリを見つけたからだ。

 

時間が経つと良い商品が開発されるものである。古いサプりより新しい方がいいのかもしれないな。よく勉強をしているからな。