LINEで送る

子供中心の食卓と中性脂肪を貯めない油の話

中性脂肪 子供

チャーハン作るなら紅花油(サフラワー油)が良い!

我が家では、チャーハンが良く食卓に出てくることが多い。

 

なぜか?娘が好きだからである。私も子供のころ好きだった。遺伝なのか・・。

 

子供の高コレステロールも増えている。日本小児科学会 日本動脈硬化学会(編):小児家族性高コレステロール血症診療ガイド2017

 

ちなみに、私は白いご飯が好きなのである。
白いご飯に辛子明太子!たまらんな。

 

しかし、どうしても子供たち中心のメニューになってしまうのはどこの家庭でも致し方ない事だな。
私も若い頃は、魚など食べなかった。

 

食べた気がしない。肉が良いな!揚げ物もよく食べたものだ。

 

しかし、昨今は、つまらんハンバーグなんか昼飯に食べると夕方まで胃もたれしてしまう。家に帰って、また揚げ物などではたまらん!

 

子供たちはいいのだが、オヤジにとっては命取りになる。
といって別のメニューを作ってくれ、などと頼むと奥さんが嫌がる。

 

そんな時は

 

「一家の大黒柱をなんだと思っているのだ!」

 

「私あっての我が家ではないのか。気遣いが足りん!」

 

と一喝してやればよいのだ!

 

後は知らんが・・。

 

しかし、子供たちはオヤジと一緒の食事というわけにはイカンのだ。
私は、パスタのカルボナーラが苦手だ。くどい!の一言に尽きる。

 

中性脂肪 子供

 

会社の山岡のオヤジは、60も過ぎているのに、昼は中華、夜はポテフラなどの揚げ物を好んで食べるという。どんな胃袋をしているのだろうか?

 

まあ、丈夫という面ではいいのかもしれない。そんな事で中性脂肪も高いオヤジなのだ。

 

というわけで、我が家では紅花油(サフラワー油)を利用している。
この油は、高温の調理に向いている。天ぷら・揚げ物にピッタリなのだ。

 

コレステロールの上昇を抑えてくれるのだ。もちろん中性脂肪もたまりにくい。
その他にも、オリーブオイルも使っているぞ。

 

何もしなくてもよい。ただ油を変えるだけなので楽なものだ。
いまだにコーン油などスパーの安売り油を使っているのであれば変える事をおススメする。

 

奥さんへの頼み方

ごちゃごちゃ言いそうな奥さんをお持ちなら
「同僚の奥さんがこの油を使っていたら小じわが減ったのだぞ!」
と言えばよい。

 

言われなくてもわかる”痩せる”などのありきたりな事を言わないのがコツだ。根拠など何もない!