LINEで送る

お父さんの為の懐具合による中性脂肪対策一覧

言っておくが、どの方法も暴飲暴食。もしくは大酒を食らっていてはまったく意味がない事だ。
それと、村田のような高中性脂肪数値(1000以上)では魚やサプリでは歯が立たない。

 

下がっても村田のように500止まりになる。そんな人は運動も生活に組み込む事をお勧めする。
青魚は、中性脂肪数値が500くらいまでなら基準値まで下がる。

中性脂肪対策にそんなムダ金など無い!

中性脂肪.下げるには.減らすには

消費税が8%になった昨今!給料も上がらず、年貢だけむしり取るとはどういうことだ!悪代官め!

 

何がアベノミクスだ!給料をさっさと上げろ!長女と次女が年子で進学するのにやたら金がかかる!年子は、金をためる暇がないぞ!と、ついつい自分の愚痴を・・。

 

でも、中性脂肪は何とかしたい。そんな人はどうする。

 

ここは、一番DHAとEAPが豊富なサバの缶詰を中性脂肪対策の主力にすることだ。中性脂肪を下げる食べ物図鑑

 

それと私のようにサンマ弁当やサバ弁当を食するのもよいだろう。昼ごはんは必ず食べるからな。メニューを変えるだけで済む。

 

どちらも、缶詰も弁当も自分の固い意志は必須だ。

 

「1日1回は、青魚を食べる!」のみ

 

これに運動を加えると鬼に金棒だ!
自転車通勤がおすすめだ。金がかからん。

 

中性脂肪を減らすには運動が良い。BMI値は関係ない。

 

そんなダルイ事は出来ん!という人は食事だけでも良いだろう。

 

しかし、暴飲暴食・大酒はしないことだ。
それができないと何をやっても金ムダ!時間のムダにしかならん!

 

この方法のデメリット

いくら1日1回と言ってもオットセイじゃあるまいし毎日青魚は飽きる。

 

料理法があまりないからな。焼き魚と煮魚しか思いつかない。
刺身があればよいのだがな。缶詰も同じだ。飽きる。

 

魚好きな人にはどうってことのない事だが、大体そんな人は中性脂肪で悩みはしない。

 

中性脂肪が高いということは、日ごろから魚より肉や揚げ物を多くとっているのが原因だ。中には違う人も存在するがそれは稀なのだ。

 

その他にも、食事の前にキャベツなのどの野菜を食べる!のも有効だ。
体重が落ちるし、数値もさがるのでオススメだ。
慣れるとなんてことはないぞ。

 

SPONSORED LINK

 

金をかけずに中性脂肪数値を下げる方法まとめ

  1. 1日1回は、青魚を食べる
  2. サバ缶を食べる
  3. 食事の最初にキャベツを食べる
  4. 自転車通勤をする

 

この中で自分が出来そうなものをチョイスするのだ。
1.2番のどちらかは必ず実践していただきたい。

 

出来れば3番も有効だ。

 

会社の同僚のオヤジにも教えてやったのだが・・。
そんな事できないだと〜!
金がないくせに文句ばかり言うな。
お前など自転車通勤往復30kmでもしていろ!


中性脂肪対策にそこそこ金をかけられる!

これは、一般的なモデルだ。一言でいうと食事とサプリを併用することだ。

 

バカ高いサプリを毎日飲むことは、不景気で懐に厳しい。

 

ましては、サンマ弁当や外食の回転ずしもそんな事は、毎日気にしてはいられない。忙しい時などそんな事を毎日考えている訳にはいかん。

 

中性脂肪.下げるには.減らすには

 

毎日1回、青魚を食べることを念頭に置いて、あとはサプリのお世話になる。
そうなると、いつも常備できる錠剤タイプのサプリが良いだろう。

 

最近はみやびのあん肝じゃなくてみやびの鮫肝を使用している。

 

安くて成分の含有量も多いのがその理由だ。やはりこのくらいの価格(2千円以下)ではないと継続するのは難しい。

 

青魚を食べる時にはサプリは飲まない!

食事によってはサプリは飲まない!

昼に現場に行かなければならなくなり、昼食を外で済ます事になったのだ。となると、回転ずしにありつけることになる。

 

こんな場合はイマークなどのサプリは飲まない。回転ずしを食べていればサプリが1日分浮くからだ。
大した問題ではないがチリも積もればである。

 

サプリを飲み忘れる原因

昼に青魚を食べる気満々で出勤したのだが、仕事の関係でそうはいかず青魚を食べるチャンスを逃してしまい。

 

夜は、飲みにいってそのまま帰宅で寝てしまった。ゲッ〜!飲み忘れてしまった!
そんな事は、不思議とよく続くものだ。

 

その人によるが、持ち歩きできないイマークなどのサプリは飲み忘れが多いのが欠点だ。

 

この方法のメリット

サプリが通常1ヶ月分が2ヶ月もったこともある。だからと言って中性脂肪対策に影響があることはない。

 

私は昨今、この方法で数値を現状維持に保っている。
要するにサプリ代が半分になるということだ。これは、かなりお得感がある。

 

日頃から青魚を食べる習慣を身につけることをおすすめする。

 

「運動はやるに越したことはない。」のは当然な話だ。

中性脂肪対策に金に糸目はつけん!

中性脂肪.下げるには.減らすには

 

健康のため中性脂肪対策に金を払うのはいとまない。
というブルジョアの人達のことだ。

 

これはサプリを主力にする方法をお勧めする。
サプリも一番効果的とされている。少し高いがイマークがよろしい。

 

他のサプリでも構わない。携帯しやすいタイプでも良いと思う。

 

しかし、ここは実績のあるイマークをお勧めする。
魚臭い飲むヨーグルト、イマーク?

 

運動も加えるとなお効果的だ。
自転車通勤よりスポーツジムに通うのがいいだろう。

 

そこで、ジムの運動内容は、インストラクターに聞くことにして
週に何回くらい通えばよいのか?ということがみんな最初に思うことである。

 

これは、最低でも週2回通うことをお勧めする。
本当は、3回がベストである。
でも週3回はやってみるとなかなかきついのだ。

 

無理をせず。継続することを一番の念頭において週2回が良いだろう。

 

別にダイエット目的ではないのだからね。
別にいくらでも!という人は好きなだけ通ってくれ。

 

外食でも中性脂肪対策する。

 

中性脂肪.下げるには.減らすには

 

私もたまにあるのだが車で外回り時に昼食を選ぶ際。
牛丼屋やデニーズなどのファミレスなのどは間違っても入らないことだ。

 

ここは、ぜひ回転寿司をチョイスしてほしい。

 

寿司と言えば青魚の宝庫。中性脂肪を気にする者がここを選ばんでどうする。
ましては、寿司には青魚以外にもお酢を使う。

 

クエン酸だ。クエン酸は脂肪燃焼効果の高い成分なのだ。
青魚プラスクエン酸。すばらしい。

 

しかし、ウニやイクラなんかを魔がさして食べたら逆効果だ。
ついつい注文してしまうのが回転ずしの悪いとことだ。

 

「しめ鯖に始まり、しめ鯖で終わる。」我ながら名言だな。

 

金をかけて中性脂肪対策のまとめ

  • DHAとEPAはサプリを飲む※サプリは家と会社に常備しておくことをおすすめする。
  • 運動はスポーツジムに週2回は通う※好きな人はいくらでも通えば良い。
  • 昼食は回転寿司ですし三昧※別に刺身や焼き魚定食でも良い。